隠していたりと公表を避ける

多くの女性の方が一度は考えた事があるかと思われます美容整形。現在では”美容整形”という言葉も多くの方に認識されお馴染みの言葉になっていると言っても過言ではありません。

ですが美容整形とは、あくまでも一般的に使われている俗称でして、本来の正式名称は「美容外科」という言い方が正しいとされています。

「美容外科」を分かりやすく説明しますと、事故や病気などで生じてしまった怪我などの治療や手術などとは異なり、健康的な人体をお持ちの方が、現在の人体より更により良い容姿にする為の治療や手術の事、または自身のコンプレックスの解消の為に行う治療や手術の事を言います。

すなわち医療を目的としたものとは違い、ご自身の”美”への意識に基づいた、外見の改善を目的としたものを指しています。

美容整形や美容外科と言葉が似ている為に多くの方が混乱しがちなのが、形成外科や整形外科だと思います。

形成外科とは、事故や病気などで生じてしまった怪我などの治療を目的として行う医療の事を指します。整形外科とは、骨や関節などの病気に伴い治療を行う事を指します。

言葉は似ていますが、目的や治療法などは全く別の意味を指しますので間違えないように気をつけて下さい。ですが、美容整形も医学の技術や進歩に伴って進歩を遂げてきています。

その結果、1978年には形成外科の分野として診療科目の一つに加えられています。ですので、大学病院や総合病院などの大きな病院などでは美容外科は形成外科の中に併設されている場合が多いとされています。

因みに、事故や病気などで生じてしまった怪我などの治療や手術などの場合には保険が適用されますが、美容整形は病気や怪我などの治療目的ではなく、美容を目的とした治療や手術などですので保険は適用されません。

全額自己負担となります。ですので、治療の際には多額の金額が発生する場合もあります。

現在の日本では「美容整形」という言葉は多くの方に認識され知名度も上がってきてはいますが、美容整形の手術を行った方の受け入れ方がまだまだ受け入れがたい傾向にあるように思われます。

その為、美容整形手術を行っても周りの方に言えず隠していたりと公表を避ける方が多いようです。

個人的な意見ではありますが、美容整形を行う事によって、ご自身のストレスが減り前向きな考えで人生を送れるようになるのであれば場合によっては美容整形を行う事もいいのではないでしょうか。

人生は一度きりですので、楽しく明るく過ごして行きたいですもんね。